歯にステインが付着し汚れる原因と対策

見た目の印象を大きく左右してしまうのが歯の着色汚れですね。
ステインと言われる歯の着色汚れはどうして付着してしまうのかその原因について、また効果的なステイン対策についてご紹介しますので参考にしてください。

 

ステインって何!?どうして付着するのか!

毎日朝と寝る前、食後にもきちんと歯磨きをしているのに歯が黄ばんでしまうとお悩みの方も多いでしょう。
この頑固な歯の黄ばみ、着色汚れのことをステインと呼んでいます。

 

コーヒーや紅茶などの色素やたばこのニコチンが長い時間をかけて、少しずつ歯に付着することがステインの原因になるのですが、見た目の印象もかなり悪くなってしまいますね。

 

歯磨きでも落とすことができないとても厄介なステインは、歯の表面をコーティングしているエナメル質をさらに覆っているペリクルという薄い膜が関係しています。

 

歯のツルツルとした質感はエナメル質によるものですが、このエナメル質には唾液が作り出す薄い膜であるペリクルで覆われています。
ペリクルには歯を虫歯にしてしまう酸などから歯を守ってくれる大切な働きがある物質です。
しかしこのペリクルにステインの原因物質であるタンニンやニコチンなどが結びつくことでステインになってしまいます。
タンニンなどと結びついたペリクルは、時間の経過でエナメル質に定着します。
歯磨きだけでは落とすことができない厄介なステインとなるのです。

 

ポリフェノールを多く含む食べ物や飲み物が原因に!

ステインとして付着しやすい食べ物や飲み物があります。
それはタンニンなどのポリフェノールを多く含む食べ物や飲み物です。

 

コーヒーや紅茶、緑茶、赤ワインやブドウ、柿、チョコレートやココア、ニンニク、ニラ、ネギ、人参やほうれん草などの緑黄色野菜などにポリフェノールが豊富に含まれています

 

特にコーヒーやワインなどのブドウ類にはポリフェノールが豊富なのでステインが付着しやすいです。
タンニンやアントシアニン、イソフラボンなどの美容やエイジングケアに欠かせない成分は全てポリフェノールの仲間です。
このようなポリフェノールを多く含む食べ物や飲み物は、ステインの要因になることを知っておきましょう。

 

美容やエイジングケアのためにこれらの食べ物をたくさん食べた後は、歯にステインが付着してしまわないようにしっかりと歯磨きなどをしましょう。

 

ストレスや加齢も原因に!

実はストレスや加齢もステインが付着しやすくなる原因になっています。
ポリフェノールを多く含む食品を食べても、唾液で洗い流せればある程度はステイン汚れを防ぐことができます。
唾液には優れた洗浄作用があるので唾液がしっかりと分泌されていれば、ある程度はステインや虫歯などを予防でき健康な口腔内を保つことができます。

 

しかし大きなストレスにさらされたり、年齢を重ねると唾液の分泌量が減少してしまいます。
ストレスや加齢で自律神経が乱れてしまうと唾液量が減少してしまうのです。
そうなると唾液による洗浄作用も低下するので、ステインが付着しやすい環境になります。

 

自宅で出来るステイン対策

ステインが一度付着してしまったらなかなか除去するのが難しいので、まずはステインがつかないように毎日心がけておくことが大切です。
日頃からポリフェノールが豊富な食べ物や飲み物を口にしたら、すぐに水ですすいだり歯磨きをする習慣をつけましょう。
これだけでもかなり違ってきます。

 

また付いてしまったステイン汚れには、ホワイトニング用の歯磨き粉や電動歯ブラシを使うのがおすすめです。
ホワイトニング用の歯磨き粉には歯を白くするための有効成分が含まれているので、少しずつですがステイン汚れを除去していくことができます。

 

また最近の電動歯ブラシには、ステインを除去する機能がついた商品もありますのでこれを利用しても良いでしょう。
ただ、研磨剤が含まれた歯磨き粉との併用は避けましょう
歯の磨きすぎはエナメル質を傷つけることになります
エナメル質に傷がついて表面がデコボコになると、ここにステインがつきやすくなり逆効果となります。

 

歯科医でのステイン対策

より効果的なのはやはり歯科医での治療です。
歯科衛生士さんが行うクリーニングであれば保険内で出来るので定期的にしてもらうと良いでしょう。
歯科医でのクリーニングは虫歯や歯周病対策と同時にステイン対策にも有効です。
通常の歯磨きでは落とせない、歯の表面や隙間などにこびりついた歯垢や着色汚れを落としてくれます。

 

確実に白くするなら、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングがおすすめです。
費用も高額になりますが、専用の漂白剤を使った治療になるので頑固なステイン汚れもスピーディに落とすことができます。

 

歯にステインが付着してしまうのは、ペリクルという物質が関係しています。
ポリフェノールが豊富な食べ物や飲み物はステインの要因になるので、こまめな対策を心がけましょう。