ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分とそれらの特徴

ホワイトニング歯磨き粉と一口に言ってもさまざまな種類があるので迷ってしまいますね。
ここではホワイトニング歯磨き粉にはどのような成分が入っていて、それらの成分にはどのような特徴があるのかについて詳しくご紹介しますので参考にしてください。

 

ホワイトニング歯磨き粉に含まれている研磨剤について

ホワイトニング歯磨き粉には色々な成分が入っていますが、成分表を見ても見慣れないカタカナの名前ばかりで、どのような作用があるのか全く分かりませんね。
歯を白くしてくれるのがホワイトニング歯磨き粉ですが、その中には歯の表面にこびりついた歯垢や着色汚れのステイン、たばこのヤニなどをキレイに落とすための研磨剤が含まれています。
研磨剤と聞けばなんだか歯の表面が削られてしまいそうですが、歯の表面にこびりついた汚れなどを除去するためにはある程度は必要な成分です。
歯の表面にあるエナメル質をキレイに磨いて歯をツルツルにしてくれる働きがあります。

 

研磨剤の成分には、ハイドロキシアパタイトや炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム、リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、酸化チタン、シリカ、ピロリン酸カルシウムなどがあります。
これらの成分は、清掃剤と表記されていることもあります。

 

ハイドロキシアパタイトは、骨や歯などの主成分となる成分で、もともと体内に存在する成分なので安心です。
ただ、研磨剤が含まれたホワイトニング歯磨き粉は、力を入れて強く磨いたり硬い歯ブラシを使って磨くと歯の表面が削られてしまう恐れもあります。
汚れを落とすために研磨剤はとても大切な成分ですが、使い方には注意が必要です。
もし気になるなら研磨剤が使用されていない歯磨き粉を使用するのが良いと思います。
当サイトでも研磨剤を使用していない歯磨き粉を中心に紹介しています。

 

泡立ちを良くするための発泡剤について

ホワイトニング歯磨き粉には、発泡剤も含まれています。
ブラッシングをしているとペースト状だった歯磨き粉が次第に泡立ってきますが、これは発泡剤が含まれているからです。
発泡剤が含まれていることにより、口の中全体に成分が行き渡りすっきりとした清涼感を感じることが出来ます。
しっかりと磨けている感じになり、歯磨き後にはスッキリ感を得られます。

 

この発泡剤の成分には、ラリウル酸ナトリウムや、ショ糖脂肪酸エステル、ラウロイルサルコシンソーダなどがあります。
発泡剤は主に磨き心地を良くするための成分ですから、歯を白くするために必ずしも必要な成分ではありません。
むしろしっかりと磨けた感じやスッキリ感が得られるために、十分に磨けていないのにも関わらず満足感を得ることができます。
知らず知らずのうちに汚れ落ちを悪くしてしまうというデメリットもあることを知っておきましょう。

 

ホワイトニングなどの有効成分について

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際に最も重要になるのが、有効成分がどれだけ含まれているかです。
ホワイトニング成分や口腔内を健康に保つための有効成分が商品ごとにいろいろと含まれています。
リンゴ酸やポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールなどがホワイトニング効果のある成分です。
これらの成分は、研磨剤のように歯の表面を削ることで歯を白くするのではなくて、汚れを浮かして吸着する作用がある成分です。

 

歯を白くすると同時に、口腔内を健康に保つための成分も配合されています。
虫歯や歯周病、歯肉炎などを予防することも大切です。
フッ化ナトリウムやフッ素は虫歯予防に役立つ成分で、β-グリチルレチン酸や酢酸トコフェロール、サリチル酸メチルなどは歯周病や歯肉炎予防に期待できる成分です。

 

研磨剤の成分として紹介したハイドロキシアパタイトは、歯の再石灰化を促進し虫歯予防や歯を強くしてくれるなどの薬用成分としても利用されています。

 

危険な成分もあるの?ホワイトニング歯磨き粉の選び方

このようにホワイトニング歯磨き粉には実にさまざまな成分が含まれています。
もちろん商品ごとに配合されている成分は異なるので、どのような役割のある成分が含まれているのかを知った上で購入したいですね。
中には危険とされる成分もあります。
発泡剤の成分として紹介したラリウル酸ナトリウムは、肝臓や子宮に蓄積されて健康を害する危険性があると言われています
日本ではシャンプーなどにも使用される成分ですが、一部の国では使用を禁止されるほど危険な成分とされています。
発泡剤は必ずしも必要な成分ではないので、これらの成分は避けた方が安心でしょう。

 

また歯の表面の着色汚れを落とすのに効果的な研磨剤も、使い方を間違えると歯の表面が削られてしまい、反対に歯が黄ばみやすくなります
強く磨くクセのある方などは、研磨剤の少ないものや配合されていないものを選ぶのがおすすめです。

 

ホワイトニング成分や有効成分がどれだけ配合されているか、そして続けやすい値段であるかがホワイトニング歯磨き粉を選ぶ上でのポイントになります。

 

ホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤と発泡剤そして各種有効成分が含まれています。
それぞれの成分の特徴を良く知って、自分にぴったりの歯磨き粉を選んでくださいね。