研磨剤が良くないと言われている理由

ホワイトニング専用の歯磨き粉をネットなどで調べていると、研磨剤が良くないという意見をよく目にします。
しかし、市販されているホワイトニング専用の歯磨き粉のほとんどには研磨剤が入っているようです。
どうして研磨剤が良くないとされているのでしょうか。

 

どうして歯磨き粉に研磨剤が含まれているのか!

歯を白くするためには研磨剤がどうしても必要という意見もあれば、反対に研磨剤は良くないという意見もあります。
多くの歯磨き粉には研磨剤が含まれており、本当に良くないものであれば含まれていないはずです。
そもそもどうして歯磨き粉には研磨剤が入っているのでしょう。

 

研磨剤とはその名の通り、表面を研いで磨く役割がある成分です。
研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨くことで、より歯の表面をツルツルにキレイに仕上げることができます。

 

また、研磨剤はプラークと呼ばれる歯垢を落とすのにも有効です。
プラークには虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊で、これが歯の表面に付着するとネバネバとしてきます。
このネバネバとしたプラークは水ですすいだだけでは落とすことはできないので、ブラッシングが必要です。
歯磨きだけでもプラークを落とすことはできますが、研磨剤りの歯磨き粉を利用することでより短時間で、効果的にプラークを落とすことができます。
またプラークには歯の黄ばみの原因となるステインも含まれていますから、これを効果的に落とすのにも役立ってくれます。

 

研磨剤が良くないのは歯の表面を傷つけるから!

研磨剤にはこのように歯の健康には有効な働きがあるのですが、研磨剤が良くないと言われているのはどうしてなのでしょう。
その一番の理由は、歯の表面を傷つけてしまうからです。
研磨剤は歯の表面と研いで磨く役割がある成分ですから、この時やり過ぎてしまうと歯の表面にあるエナメル質まで一緒に削ってしまうことになります。
目には見えないですが、エナメル質に細かい傷がついてしまいます
研磨剤が良くないと言われるのはそのためです。

 

ブラッシングに力を入れすぎる人や、かための歯ブラシを愛用している人が研磨剤入りの歯磨き粉を使った場合は、エナメル質にどんどん傷がついてしまいます。
エナメル質が薄くなり弱い歯になってしまいます。

 

研磨剤は黄ばみの原因にも!?

研磨剤の効果で歯の着色汚れもスムーズに落とすことができ、歯を白くすることができるのですが、歯のエナメル質に傷をつけてしまうと反対に黄ばみの原因になります。
研磨剤によって歯の表面に細かい傷がつくと、そこに汚れが入り込み黄ばみとしてこびりついてしまいます
ステイン汚れとなり、歯磨きだけでは落とせないほど頑固な汚れとなります。

 

またエナメル質が薄くなってしまうと、その内側にある象牙質の色が透けて見えるようになります。
象牙質は真っ白ではないので、これが透けることで歯が黄ばんで見えるようになります。
ホワイトニング効果を期待して一生懸命に歯磨きをしているのに、逆効果になってしまっている人がたくさんいます。

 

歯がしみる原因にも!?

歯の表面にあるエナメル質には、さまざまな刺激から守ってくれる役割もあります。
しかし研磨剤によりエナメル質が薄くなってしまうと、さまざまな刺激が神経に直に伝わるようになり、冷たいものが歯にしみるなどの知覚過敏が起こることもあります。

 

歯磨き粉に含まれている研磨剤の成分名

研磨剤は市販されているほとんどの歯磨き粉に配合されています。
パッケージの裏などに成分名が記載されています。
さまざまな成分が、洗浄剤や発泡剤、薬用成分、安定剤などの項目ごとに記載されています。
研磨剤の項目ではなくて、清掃剤という項目になっている歯磨き粉も多いです。
研磨剤も清掃剤も同じ意味で、入っている成分も同じですから注意してください。
歯磨き粉に配合されている研磨剤としての成分には、リン酸水素カルシウムやリン酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム、シリカなどがあります。

 

研磨剤入り歯磨き粉を避けた方が良い人は!?

研磨剤入りの歯磨き粉は使い方次第で良くも悪くもなります。
長い目で見れば歯の黄ばみの原因にもなりやすいので、力を入れて磨くクセのある人や歯を白くしたい人は研磨剤なしの歯磨き粉を選んだ方が良いかも知れません。
また、中学生ぐらいまでは研磨剤入りの歯磨き粉は避けた方が良いでしょう
永久歯と比べて乳歯はとても柔らかく、また生えたばかりの永久歯も十分な硬さではありません。
乳歯や生えたばかりの永久歯を研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシ磨いていると、大人の歯以上にエナメル質を傷つけてしまうことになります。
永久歯が十分に硬くなる中学生ぐらいまでは研磨剤なしの歯磨き粉を選んだ方が良いでしょう。

 

研磨剤が良くないと言われていますが、上手に使えば歯をツルツルにしたり虫歯予防にも役立ちます。
ただ長い目で見れば歯の黄ばみの原因にもなるので、毎日使わないようにしたりなどの工夫が必要でしょう。