歯のステイン除去歯磨き粉おすすめ比較|いろいろ使ってみた!

私も歯にステインがついていて黄ばんでいたのでこれをどうにかしないといけないということでいろいろなステイン除去歯磨き粉を試してきました。
そして、気を付けるポイントなどもわかってきました。

 

そこで私がいろいろ使ったホワイトニング歯磨き粉やおすすめの歯磨き粉と選ぶ注意点などを紹介したいと思います。

 

ステイン除去歯磨き粉の選ぶポイント

ステインを除去して白い歯を取り戻すということが大前提にあるのですが白くなれば良いということではありません。
歯に優しくないと意味がないというか逆効果になりかねません。
やはりネックになるのが研磨剤ですね。
歯の表面を削ってステインを取り除くというものです。
歯のエナメル、つまり歯を守っているバリア機能を傷めたり削ってしまうわけで、歯を白くしたりきれいにしようとしているのに大事な歯のエナメルを痛めてしまって逆にステインがつきやすくなってしまうということで全く意味がないどころか逆効果なわけです。

 

研磨剤はステインは取り除けるけど歯に傷がついて逆にステインがつきやすくなる可能性があるということですね。

ちなみに原材料には研磨剤とは書かれていません。
下記のようなものが研磨剤、清掃剤と呼ばれるものです。

無水ケイ酸、シリカ、ハイドロキシアパタイト、リン酸水素カルシウム、リン酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム

他にもまだいろいろありますがこういったところがよく使用されています。
そして、この研磨剤でも硬さが違います
硬すぎると歯を傷つける可能性が高くなります。
無水ケイ酸などはよく使用されるのですがなかなか硬いので傷つけてしまう可能性が高くなるのではないでしょうか。

 

ではこの研磨剤ですが私も市販通販と10個以上のステインを取り除く成分が入った歯磨き粉を使いましたがほぼ研磨剤が使われていました。
ほんとに原材料をみたらわかりますがほとんど使われています。
市販のものは特にほぼ使われていると思います。
ですからまず

歯に優しくステインを取り除いてくれる歯磨き粉を探すことが大事です。

大人の歯は生え変わりませんからその歯を一生大事にして付き合っていかなければいけませんから単純に歯を白くすれば良いということではないと思います。

 

ですから

歯のステインを取り除くと同時に歯のエナメルや歯茎などを傷めない傷つけずに作られているホワイトニング商品を選ぶことが大事だということです。

 

普通に歯磨き粉を選ぶときもそうですしホワイトニング商品を選ぶときもそこを重視して選ぶ必要があるということなんです。

 

まとめると

◇歯に優しく歯を傷つけない成分を使用している歯磨き粉(研磨剤などが使用されていない)
◇歯にステインがつきにくくする成分が入っている
◇漂白剤や発泡剤など歯や歯茎に良くない成分が使われていない歯磨き粉
◇虫歯予防や歯周炎、口臭予防などの効果が期待できる

といったところでしょうか。
このあたりを重視していくと良いかと思います。

 

そこでおすすめの商品を紹介したいと思います。

ステイン除去商品比較ランキング

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースはアメリカ、フランス、イタリア、イギリス、スペインの5ヵ国で売上1位を獲得した実績のあるホワイトニング商品です。
様々な天然成分が配合されており、研磨剤も使用されておらず歯への優しさにこだわった商品ということが言えます。
歯の黄ばみ以外にもねばつきや口臭にも効果が期待できます。

 

歯のステインを取り除く成分としてパパインが使用されています。
パパインの酵素にはタンパク質を分解する作用があり、歯に付着し汚れを分解して落としてくれます。
そしてココナッツオイルなど様々な天然成分で菌などの付着も防いでくれます。

価格 容量 備考
通常価格9,980円(税抜)⇒定期コース初回限定3,980円(税抜)送料無料

最低3回継続が必要

30g(約1ヶ月分) 2回目以降は4,980円(税抜)

公式サイトはこちら⇒プレミアムブラントゥース

はははのは

はははのはは製薬会社と共同開発されたホワイトニングジェルです。
特徴は研磨剤だけでなく漂白剤や発泡剤などが使用されていないのと様々なオーガニック成分が配合されています。
歯や歯茎への優しさが考えられた商品ではないでしょうか。

 

はははのはのホワイトニング成分はポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムの2つの成分です。
この2つの成分がステインを浮き上がられせ再付着を防いでくれます。
さらにパパインも配合されています。
価格的にも利用しやすいと思います。

価格 容量 備考
定期コース初回限定1箱から1,980円(税込) 30g(約1ヶ月分) -

公式サイトはこちら⇒はははのは【コハルト】

詳細はこちら⇒はははのは

トゥースメディカルホワイトEX

トゥースメディカルホワイトEXは歯科医も絶賛の歯に優しいホワイトニング歯磨き粉です。
成分は研磨剤が使われておらず、網状ウルトラメタリン酸を高配合していており、それが歯のステインを除去し長時間の付着を防いてくれるということなんです
その他にも漂白剤なども使用していないということで子供から年配の方まで安心して利用できます。
歯周病や口臭予防にも効果が期待できル商品です。
全額返金もあるので利用しても良いのではないでしょうか。

価格 容量 備考
3,560円(税込) 約1ヶ月分 返金保証あり
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトは沖縄で生まれたホワイトニング剤です。
研磨剤が使われていないというところもそうですし、pHもしっかり調整されていて歯を傷つけないことを重視しながら歯を白くするように造られています。
医薬部外品で効能効果が認められています。
また、歯を白くするホワイトニングの他に虫歯予防、歯周炎や口臭予防効果もあります。
品質を考えてもおすすめの商品です。

価格 容量 備考
特別モニターコース3,980円(最低3回継続条件) 30g(約1ヶ月分) -
オーラパール

オーラパールは全薬工業が開発したホワイトニング歯磨き粉です。
ジキニンで有名な製薬会社でご存知の方も多いのではないでしょうか。
9つの有効成分が配合されており、歯や歯茎などトータルケアしてくれるということなんです。
初回限定割引もあるので利用しやすいのではないでしょうか。

価格 容量 備考
通常購入初回限定1,944円(税込) 75g -

公式サイトはこちら⇒OraPearl(オーラパール)

ポリリンオーラルケア

ポリリンオーラルケアはポリリン酸を配合したホワイトニング商品です。
歯磨き粉やスプレーなどいろいろな商品があります。
どのセットを利用するかで価格が異なりますね。
研磨剤を利用した安い歯磨き粉か、研磨剤以外の成分で少し高めのステイン除去歯磨き粉か、価格や成分などと比較して選ぶと良いと思います。

価格 容量 備考
お試し1,4800円(税込) 1週間分 -

公式サイトはこちら⇒ポリリン・トライアルセット

パールホワイトPROEX

パールホワイトPROEXは有名人や芸能人も多数愛用のホワイトニング商品です。
早い段階での効果も期待できるようで検証でもそういった結果がでているようです。
少し価格がするので懐具合との相談になると思います。

価格 容量 備考
8,400円(税込) 2週間分 定期コースがお得

公式サイトはこちら⇒パールホワイトプロEX

トゥービー・ホワイトエッセンス

トゥービー・ホワイトエッセンスはCM等でも流れていたので知名度もあり多くの方が利用しているホワイトニング商品です。
150万本突破ということで実績もあります。
90%以上が植物性成分で歯に優しいということが言えるのではないでしょうか。
ステイン除去に関してはスイカズラエキスが取り除く効果が期待できるということなんです。
ホワイトニングのセット商品などがお得ではないでしょうか。

価格 容量 備考
2,940円(税込) 5ml セット商品がお得
ブラニカ

ブラニカは通販限定のホワイトニング商品です。
ステイン除去率80%というのがこの商品のポイントでしょうか。
あとは初回限定で返金保証があるというところもポイントになると思います。
返金保証に関しては公式サイトで確認お願いします。

価格 容量 備考
通常価格2,700円(税別) 約1ヶ月分 初回限定返金保証あり

ステイン除去歯磨き粉のポイントは?

 

黄ばみやヤニ汚れなどのステインを取り除く歯磨き粉はどのようなものがよいのでしょうか。
まずは市販のものに多いのですが、研磨剤を使ったホワイトニング歯磨き粉です。
多くのホワイトニング歯磨き粉に使われているのですが、この研磨剤はステインを除去してくれる効果も期待できますが、歯を傷つけてしまう可能性があります。
ですので白くはなったけど逆にステインが着きやすい状態になる可能性があります。

 

その他にも発泡剤や漂白剤など歯によくないものを含んでいるものは避けるべきだと思います。
もし市販のものを選ぶときは成分をしっかり見ることが大事です。

 

ではどのような成分がよいのかというと私が調べた中ではパパイン、リンゴ酸、ポリアスパラギン酸、網状ウルトラメタリン酸、ポリリン酸あたりです。
こういった成分の中には歯についたステインを取り除いてくれて再付着を長時間防いでくれる効果が期待できるものもあります。

 

こういった成分が使用されているものは研磨剤などが使われている歯磨き粉より少し高いというのがあります。
研磨剤は安価というのがある一方歯を傷つけてしまってステインがついてしまう可能性があるということですね。

 

良いのかは人ぞれぞれ重視するポイントも違うと思いますので価格やポイントを抑えながら比較して選ぶと良いのではないでしょうか。

歯にステインがつく原因と食べ物

 

歯にステインがつく原因は食べ物や飲み物ですね。
あとはタバコのヤニですね。
食べ物ではチョコレートや赤ワイン、カレー、ブドウ、野菜、着色料の入った食べ物などで
飲み物ではコーヒー、紅茶、、赤ワイン、緑茶、ウーロン茶などです。

 

食べ物で多いのがポリフェノールが多く含まれているものが多いです。
ポリフェノールのタンニンなどはステインになりやすいので覚えておくと良いと思います。

 

飲み物にもタンニンはワインやお茶などに多く含まれています。
コップなどをずっと使っていると茶色くなっていたりするのをみたことがあると思います。
あれも茶渋などがついたものですね。

 

こういった食べ物、飲み物を摂取しないようにするのもなかなか難しいので日頃のケアやステインがつきにくい成分の歯磨きを利用するのも一つです。

歯の汚れについて

 

自分で自分の歯をあまり見ることはありませんよね。
それに毎日鏡で見ているので少しづつ汚れてきていることに気づかなかったりもします。

 

自分はわからないけど友達とか他人と話したときに相手の歯の黒さが結構気になることがあったりしますね。
話していても歯に目が行ってしまったりして気になってしまいます。
ということは自分の歯が汚いと相手も自分のはばかり見ているという可能性もありますね。

 

女性なら歯が汚いとせっかくおしゃれできれいなのに歯が汚いだけでちょっととなりますね。
男性もかっこいいのに歯が汚いと一気に冷めてしまったりします。
若い人でもタバコなどをよく吸う人やコーヒーを飲む人は結構汚かったりするので気をつけて見て見るとよいと思います。

 

ステインはどんどんついていくので早めにケアして日頃からケアすることが大事です。

私の歯のケア

私ももうずっとステイン除去できるホワイトニング歯磨き粉を使っています。
基本的には研磨剤を使用していない歯や歯茎に優しいであろう歯磨き粉を使っているのですがたまに研磨剤が使用されているけど高めの歯磨き粉を使用したりしています。
ただ、それも毎日使うのではなくて数日に一回など使ったりしています。
少し歯磨き粉にこだわりすぎて新しくて良さそうなものがあると使ってしまったりするのですが良いと思ったらそれを使うと良いと思います。

 

あと研磨剤の歯磨き粉を使用するなら磨きすぎない強くこすりすぎないということも大事なことです。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングに関するQ&Aです。
白の黄ばみをどうにかしたいと思っていても、実際にどうすればよいのか詳しいことを知らない人も多いはずです。
ホワイトニングに関して多く寄せられている質問に答えてみました。

Q 歯科医でのホワイトニングはどのくらい費用や期間がかかるの?

A 歯科医で行われているホワイトニングは、オフィスホワイトニングと言います。

続きはこちら

歯の表面に濃度の高い、漂白作用のあるホワイトニング剤を塗布して、その上からライトの光を照射していきます。
ライトを照射することで、ホワイトニング剤の効果をさらに高めることができます。
使用するホワイトニング剤や光の種類によって費用が異なります。
一般的に上下12本の歯全てをホワイトンニングするのですが、2万円から10万円程度の費用がかかります。
ホワイトニング専門の歯科医院の方が料金も安いことが多いようですが、それぞれの歯科医院によっても料金に差があります。
決して安いものではないので、いろいろなところで相談してみると良いでしょう。
治療にかかる時間は1回あたり1時間から2時間程度となっています。
1回のオフィスホワイトニングで希望の白さになる人もいますが、1回だけの治療では色戻りしやすいです。
初心者であれば最低でも3回くらいは行うと白さも定着しやすいです。
また、半年から1年おきにメンテナンスのホワイトニングも続けるとより白い歯を保つことができます。

Q 自宅で出来る効果的なホワイトニング方法は!?

A 自宅で出来るホワイトニング方法はいろいろとあります。

続きはこちら

重曹を利用したり市販のホワイトニング専用の歯磨き粉を利用しても良いでしょう。
重曹を水などでペースト状にして普段の歯磨き粉のように使えば、優れた研磨剤としての役割をしてくれます。
歯の表面にこびりついた着色汚れを取るのに効果的です。
ただ、頻繁に行うと歯の表面のエナメル質を傷つけてしまい反対に汚れがつきやすくなります。
週に1回から2回程度にしておくのがおすすめです。
市販のホワイトニング専用の歯磨き粉はさまざまな種類があります。
オフィスホワイトニングで使われている漂白作用のある成分は配合されていませんが、歯の汚れを浮かせて落とす作用がある有効成分や歯を強化するのに役立つ成分が配合されています。
少しずつですが、歯の白さを実感できる人もたくさんいます。
また歯の汚れがつきやすいコーヒーや紅茶などを口にしたら、水でゆすぐなどの習慣をつけることも大切です。
どんなに歯磨きを頑張っても台無しにしてしまうので、普段口にする飲み物や食べ物にも注意が必要です。

Q ホワイトニング専用の歯磨き粉選びのポイントは!?

A ホワイトニング専用の歯磨き粉は自宅でも手軽に出来るおすすめのホワイトニング方法ですが、含まれている成分の知識があればより効果的な商品を選ぶことができるでしょう。

続きはこちら

ホワイトニングや歯を白くする、といった言葉が記載された歯磨き粉でも、実際にはホワイトニング成分が含まれていないものもありますから注意が必要です。
歯の汚れや黄ばみを落とすのに有効なホワイトニング成分は、ハイドロキシアパタイトやシリカ、ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、PEG‐8(マクロゴール400)、PEG‐600(ポリエチレングリコール600)などです。
これらの成分が配合されているかをチェックしましょう。
またほとんどのホワイトニング専用の歯磨き粉には研磨剤が入っているのですが、これが出来るだけ微粒子化されたものがおすすめです。
研磨剤は歯の表面の汚れを落とすのに有効な成分ですが、強く磨いたり長く利用することで歯の表面を傷つけてしまう恐れもあります。 
出来るだけ粒子を細かくした研磨剤が含まれたものであれば安心して利用できます。
さまざまなホワイトニング専用歯磨き粉がありますが、価格もかなりの幅があります。
とても高価な商品もありますが、それだけの効果があるのか続けられるのかもじっくりと検討してみましょう。
お手頃価格のトライアルセットが用意された商品があれば利用してみると良いでしょう。

Q ステインが付着しやすい食品は?

A 歯の着色汚れであるステインが付着しやすい食品はいろいろとあります。

続きはこちら

代表的なのはコーヒー、紅茶、赤ワインでしょう。
この3つの飲み物にはポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノールには、タンニン、アントシアニン、イソフラボンなどの種類がありますが、どれもステインの原因になりやすい成分です。
タンニンやアントシアニンなどは渋み成分で、ワインの他にも柿やブルーベリーなどのベリー系の果物にも多く含まれているので要注意です。
イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に豊富です。
他に辛味や刺激の元になるイオウ成分もステインになりやすいです。
イオウ成分が多く含まれているのは、タマネギやネギ、ニンニクなどですからこちらも注意が必要です。
これらの食品を食べたり飲んだりしたら、すぐに口をゆすぐだけでも効果的です。

 

歯のホワイトニングに関しては、意外と詳しく知らないことがたくさんありますね。
白いきれいな歯を保つためには、まずは正しい知識を持つことが大切なのでぜひ参考にしてくださいね。

 

歯のホワイトニングについて

歯のホワイトニングの種類と相場

歯のステインを取り除きホワイトニングする方法はいろいろあります。
自分で自宅で行うホワイトニング方法から歯医者さんにいって行う方法などもあります。
オフィスホワイトニング、マウスピース、デュアルホワイトニングなどがあります。
他にもセルフホワイトニング、ホワイトニングテープ、歯のマニキュアなどで歯を白くする方法もあります。
歯のホワイトニングの種類と相場

自宅で歯を白くする方法

一般的にはステインが除去できる成分が配合されている歯磨き粉を使うという方がほとんどだと思います。
代表的なものとして研磨剤ですね。
ただ、研磨剤は歯を傷つける可能性があり、最近ではそれ以外の成分でステインを除去する歯磨き粉が出てきています。
他にも重曹などが使用されていたりしますがホワイトニングという効果はあまり期待できないようです。
自宅で歯を白くするためにできること

ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分

ホワイトニング歯磨き粉には様々な成分が含まれています。
よく出てくるのが研磨剤です。
ハイドロキシアパタイトや無水ケイ酸・重質炭酸カルシウム・リン酸水素カルシウム・リン酸水素ナトリウム・炭酸カルシウム水酸化アルミニウムなどがあります。
他にも漂白剤など歯茎などにも良くない成分があったりするので配合成分も少しは知っておくと良いのではないでしょうか。
ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分とそれらの特徴

歯にステインが付着し汚れる原因と対策

歯にステインが付着するのは食べ物や飲み物が原因です。
ですが何も食べないわけにはいかないので歯に付着しやすい食べ物などを知っておくと良いと思います。
タバコやコーヒーやワイン、紅茶、緑茶、チョコレートやブドウなどがあります。
成分でいうとポリフェノールを多く含む食べ物が挙げられます。
歯にステインが付着し汚れる原因と対策

研磨剤が良くないと言われている理由

研磨剤は歯の表面を削り取ってステインなどの汚れを取り除きます。
歯を傷つける可能性があるにも関わらず使われるのは安価なので使用されやすいということがあります。
長期的に見るなら研磨剤を使用していない歯磨き粉を利用するのが良いのではないでしょうか。
研磨剤が良くないと言われている理由

ヤニ汚れや黄ばみがつきやすい人は?
タバコを吸う人やカレー、チョコレート、などをよく食べる人、コーヒー、ワイン、紅茶、緑茶などを良く飲む人はステインがついて黄ばみや黒ずみになりやすいですね。
私もコーヒーなどは良く飲むのでステインには気を付けています。
本当は飲まないというのが良いのですがやはり飲んでしまいます。
そういった方は特に研磨剤を使用した歯磨き粉などの商品は避けたほうが良いかもしれません。
研磨剤は歯を傷つける可能性があるので逆にステインが着きやすくなる可能性がありますからね。
さらにステインが着きやすいわけですから、歯のエナメル質をコーティングしてくれてステインが再付着しにくいステイン除去歯磨き粉を選ぶのが良いと思います。

更新履歴